×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「弓粋館」について

弓粋館は札幌市南区簾舞に位置し、間口3間、奥行き3間の3人立が可能な私設弓道場です。

 
        弓粋館(室蘭市)                         第二弓粋館(札幌市南区簾舞)

◆弓粋館の特徴
 1 弓粋館員は使用料・指導料が無料で、初心者のうちは弓具をお貸しします。ただし年会費3000円(暖房費込み)が必要です。  
 2 段位や年齢による優劣はつけず平等、公平です。師弟関係と絆を大切にします。平均年齢が36歳で初級、低段位者がほとんどです。  
 3 館員は引く権利と義務を有します。道場管理等は全館員で行います。  
 4 自由な雰囲気の中、のびのびと稽古できます。平素の練習では、時と場に応じて簡易な服装でも構いません。

※入会・見学、その他お問い合わせは札幌弓粋会ホームページよりお問い合わせください。

館訓

 


和気満堂

「和と思いやりの満ちあふれた館で、館員が弓道の修練を通して、絆を深めてほしい」

館長略歴

■弓道歴:
国士舘大学卒業 69歳 錬士六段

■指導歴:
紋別北高校顧問(昭和52年〜昭和60年)
 昭和56年高体連全国女子団体出場
 昭和59年高体連全国女子団体優勝
 ほか、全国個人出場者5名、国体出場12名輩出

室蘭栄高校顧問(昭和61年〜平成8年)
 昭和62年高体連全国女子団体出場
 昭和63年高体連全国男子女子団体出場
 平成元年高校選抜全国男子団体優勝
 平成3年高校選抜全国男子団体出場
 平成4年高校選抜全国女子団体3位
 平成7年高校選抜全国男子団体出場
 平成8年高体連全国女子団体3位
 平成9年高校選抜全国男子団体出場
 ほか、全国個人出場者3名、国体出場5名輩出

道都大学師範(昭和55年〜昭和60年)


■表彰歴
 昭和60年 道体協表彰(道体教)
 平成元年 道民栄誉賞(北海道)
 平成4年 優秀指導者(道体教) 
 平成8年 感謝状(全国高体連)

 

札幌弓粋館員会


前身の室蘭弓粋会を引き継ぐ形で、平成24年7月8日「札幌弓粋館員会」として、同志22名で再結成いたしました。
通称は弓粋会といいます。 現在は、13歳から66歳までの女性20名と男性11名が所属しております。 
大会や審査に傾斜・固執することなく、心技体の調和の取れた指導によって、虚飾を避け、生活の潤いと糧としての弓道を目的としています。 
射形・的中・体配・知識に優れた、粋である魅力ある確かな弓道人の育成を目指しています。 
館員が稽古に可能な限りの努力を傾注し、その資質を開花させるべく補佐しています。

本会の目的 本会の目的は、日本弓道を愛し、楽しみながら、その真髄を究めつつ心身を鍛え、以て、心技体の調和のとれた弓人育成を目指します。
本会の事業 1 月例射会・各種競技会の開催
2 講習会(初心者教室を含む)・研修会の開催
3 館員相互の親睦を図る事業の開催
本会の基本方針 1 会の充実・発展
  (1)引く権利と義務の遂行
  (2)館員の相互信頼と切磋琢磨
  (3)物的・人的環境の改善

2 館員の射技・射術・体配の向上と精神力の向上
  (1)初心者の育成〜力量の伸長
  (2)経験者の技能・気力・体力回復
  (3)指導者の指導力向上・研鑽

3 その他『備えは万全、事に当たって平然』
  (1)外部団体の加盟は慎重を期す
  (2)試合・審査は、相応の力量を備えてから

オススメリンク